Ukulele Colors

趣味のウクレレに関するサイトです。私はソロウクレレが大好き。

ウクレレハードケース(CROSSROCK) 買ったよ♪

ホヌアウクレレを守ってもらうケース買いましたよ。

 

今回は初めてハードケース購入しました。

CROSSROCKのCRA400TUというケースです!

 

f:id:ukepear:20200401211149j:plain

中は、ふかふかのがついてていい感じ。

f:id:ukepear:20200401211137j:plain

 

ネックの下にちょっとした収納スペースあります。

f:id:ukepear:20200401211141j:plain

 

ここにチューナーとか入れておけますね。

私の場合は、無くしたら困ることになるMiSiピックアップの充電器入れることができたので、一安心

 

f:id:ukepear:20200401211144j:plain

 

ファスナーは暗証番号でロックかけることもできます。

 

とりあえず満足です。

 

テナー用(私がかったやつね)

 

コンサート用やソプラノ用もあるよ。

 

黄色にしてもよかったな~。

 

ということで、POPでお手頃なハードケース探している方にはおススメっす。

 

ホヌアウクレレ 買いました♪

ウクレレ買いました!!

ホヌアウクレレ

ホヌアウクレレというブランドです。
ご存知ない方のためにおおまかな説明しますと・・・
ハワイで生産されています。ルシアーは日本人の 原田さんです。
はい、日本の方が本場で作られてる Made in Hawaii のウクレレなんです。
 

特徴など

グレードとしては、カマカやコアロハと同じくらいのものを使用されているといわれていますが、ブリッジや指板にエボニー材使っていたりしますので、個人的にはそれ以上だと思っています。
そして作りは実物を見ていただけるとわかるのですが、圧倒的に品質は高いですよ!!
しかも値段もカマカやコアロハより、かなりお得!!
選ばない理由が無いです 笑笑
 
値段が安いのは、ショップなどの中間業者が絡んでいないこともあったり、原田さんが少しでも良いものを手に取ってほしいという思いからこの価格に設定されているようです。これだとあまり利益でないと思うんですけど。。。
 
ハワイブランドのウクレレは音がいいけど、作りが雑とかって聞いたことあるでしょ。
先ほども書いたようにホヌアのウクレレはきっちり作られていますよ!
 
ちょっと写真をアップしますね。

f:id:ukepear:20200328164810j:image

f:id:ukepear:20200328164842j:image

f:id:ukepear:20200328164857j:image

f:id:ukepear:20200328164921j:image
 
そんなところが私が選んだ理由です。
 
標準タイプを選んであとはオプションを決めるという形で決定していくのですが、私の場合は2つのオプションをいれました。
今回はスタンダードなハワイアンコアで作ってもらいましたが、木材のグレードなども選べますよ。
 

私がオーダーしたオプション

1.ロゼッタバインディング
 ロゼッタは貝のロゼッタですね。アワビかな?
 私はホールの周りにロゼッタがあるデザインが好きなのでロゼッタを入れることにしました。
f:id:ukepear:20200328164642j:image
 バインディングは2種類から選べますと言われました。
 エボニーを使った黒いバインディング もしくは カーリーメイプルを使った白っぽいバインディング
 締まって見えるエボニーかなと思ったのですが、黒いバインディングはよく見かけること(自分の持ってる他のウクレレも黒っぽいバイディング)と、周りの方の意見を聞いてもカーリーメイプルがいいんじゃない?との意見がありこっちを選択。
 実物見ても明るい感じのカーリー柄はとてもよかったです。

f:id:ukepear:20200328164739j:image
 
2.ピックアップ
 オープンマイクをされたりする方なら欲しいピックアップ。
 私自身そんな機会あるのかな?って感じですけど、宅録音用にオーディオインタフェースを買ったこともあり、ピックアップがあると録音しやすいのでつけてもらうことにしました。
 付けたのはMiSi(マイサイ)と呼ばれるメーカーの「アコースティックトリオ ウクレレ」です。
以前にピックアップについて書いた記事参照
 基本ピエゾなんだけど、少し生音も拾ってくれるのだとか・・・・
 このピックアップ部分はL.R.BaggsのFive-Oのものと同じものを使っています。Five-Oもかなり定番でよく付けられていますよね。
 違いとしては、電池が無いことです。キャパシタと呼ばれるものを搭載していて使う前に60秒充電したら使えるもの。内部に電池と電池に関する配線がなくすっきりとしそうだったので、このピックアップにしました。(名渡山さんもこのピックアップ使われてるというのも選んだ理由の一つです)
 

f:id:ukepear:20200328164955j:image
 
ということで、完成しました。
音もすっきりと澄んだ音色で気持ちいい!!
 
あとは音を育てていくようにしっかり弾きこもうと思います。
 

安価でおすすめのシールド(ケーブル)

ピックアップを付けると必要になってくるのがアンプなのですが、アンプについては以前記事に書きましたので、気になる方はそちらをご覧ください。
 
 
ピックアップ付きのウクレレ、アンプが揃ったら、、繋ぐ線が必要になります。
 
この線は、シールドとかケーブルって呼ばれます。
 

シールド・ケーブル

 
有名所ですとEX-PROですかね。なかなか効果ですけど、プロの方とかでは愛用者多いと思います。
 
ケーブルも最上級を使いたいぜ!って方はEX-PRO買ってみてください。間違いないはずです。
 
 
あとBELDENとかも有名ですよ。
 
 
 
安いものだと、選ばなければ1000円くらいから売られていますね。
 
 
実際には音だったり、まとめやすさ(意外とこれ大事だよ!)が重要になってくるわけですが、国産でオススメのケーブルがあります。
  
 
それは CANARE(カナレ) というメーカーのケーブルです。
 
 
CANARE PROFESSIONAL CABLE 3m クロ G03

CANARE PROFESSIONAL CABLE 3m クロ G03

  • メディア: エレクトロニクス
 
 
長さもいろいろあるので好みに合わせて選べばいいと思いますが、自宅用ならば3mあれば十分だと思います。
ライブとかされる方はその必要長を考えてくださいね。
 
あとケーブルで考えなければならないのは、端子の形。
これがストレートのものと、L字のものがあります。
 
ウクレレのお尻から出すのはL字がいいな~って方はL字にしたらいいと思います。
 
が、ここで困ったことが出てくるのですが、CANAREのケーブルとしてはL字の端子がついているものが無いんですよね。
CANAREさん、L字端子がついたケーブルの販売もお願いします!! 笑笑
 
と困ったな~ってなるわけですが、CANAREさんのケーブルにL字端子を付けて販売されている方がいらっしゃいましたので、そちらで買うことにしました。
 
メルカリとかラクマで見つかると思うので、CANAREのL字端子が欲しいって方は検索してみて!!
 
 
ということで、私のオススメケーブルの話でした。
 
 

MiSiピックアップに決めました!

私が今オーダーしているウクレレですが、Misiのピックアップを付けることに決めました。

マイサイのアコースティックトリオ ウクレレです。

 

MISIはマイサイと読むんだよ☺️

 

 

ウクレレが出来上がった後、自分で買って取り付けようかとも思いましたが、せっかくなのでウクレレ製作のプロにそのままピックアップまで装着してもらうことしました。

 

このピックアップにした理由

その1.ピエゾピックアップにしては音がナチュラルであること。

 よく理解できないのですが、生音も拾うピエゾ素子らしい。ほんと? 笑笑

その2.本体の加工(配線取り回し)が最小限であること。

その3.電池不要。充電式のキャパシタがついていて電池交換や電池のスペース、配線が不要であること。

 

ということでこれに決めました‼️

 

ウクレレ本体は今乾燥工程らしく来週完成かな。

乾燥したらピックアップつけて出荷してくれるはず!!

 

 

ウクレレ以外ではいろいろあって自己嫌悪に陥ってます。。。

私って駄目ね (-_-;)

 

 

 

今考えてるピックアップ候補(ウクレレ)

とりあえずピックアップつけたいとは前々から考えているんですよね。。。
 
ちなみに、今一つのウクレレには付けてます。
激安のやつなんだけど。。。普通に音は出ますが、ピエゾっぽい感じと、、、あと出力が小さい気がする。
値段が2千円とちょっとだから、音が出るだけでよしとしよう 笑笑
 
でも、以前持っていたKAKA MADのピックアップと比較すると音量半分くらいなんだよね。
 
ということで、今候補に挙げているピックアップは3つあるんです。
 
 
 
1.L.R.BAGGS の Five-O
 アンダーサドルタイプのピエゾピックアップなんだけど、生音も少し拾うらしくナチュラル感もあるらしい。
 無難な選択といった感じかな。
 価格も比較的お手頃。
 
 メリット:ピエゾにしてはナチュラル音
 デメリット:取り付け面倒、電池必要、ボリュームの取り付けもある。
 
 1万5千円~
 
 
2.MISI アコースティックトリオ 
 こちらもアンダーサドルタイプのピエゾピックアップ。
 実は先ほどのFive-Oと同じピックアップを使っているので、基本的な音質は同じかと。
 違う点としては、電池ではなく、充電式のキャパシタを使っているので、電池が不要。(使用前に60秒の充電が必要)
 
 メリット:ピエゾにしてはナチュラル音
 デメリット:取り付け面倒
 
 1万8千円~
 
 
 
 
3.きいろシティの マイク、ピエゾミックスタイプ
 
 
 これはおそらくナチュラルな音が出せるだとうな~ということで気になっているもの。
 メリット:ナチュラルな音
 デメリット:ホールからマイク部分が見えてしまう。(ホールの音を取ろうというコンセプトだからそうなんだけど)
 
 8千円~
 
 
 
ずっと前からこの3択だよな~~って悩んでるので、この中からどれかを買うつもり。
 
音だけで見た目を気にしないなら、きいろシティ。(一番使ってみたい候補)
ただ、ホールからマイク覗くのが少し気になりそう。。。
 
見た目気にするなら、Misiかな。(名渡山さんもMisi使われてるし)
 
同じ音質で少しでも安く済ませたければFive-O。
 
 
ということで、そんな感じで全然決まらない(笑)
 
 
もちろん、取り付けも自分でするつもり。
 
 
どのウクレレに付けるかな?
今のを外して付けなおすか、それとも他のついていないウクレレにつけるか、、、
 
ひとつずつ決めていかないと決まらなさそ(汗)
 
ストレス解消のために、まずは買っちゃおう!!
 
 

スクラブ奏法のコツ(ウクレレ)

スクラブ奏法って、私が「シャンシャン」って呼んでる方法なんですけど、インスタ動画とかみていても人が使って演奏しているのをあまり見ないんですよね。
 
またまた自分のインスタから動画持ってきますが、この中でシャンって鳴らしているところの奏法がスクラブ奏法です。
 
 
もともとはハーブオオタさんが広めた奏法なのかな・・・・もし違っていたらすみません。
 
名渡山さんはよく使ってて、上手く使うとすごく演奏に奥行きがでるので私も好きな奏法です。
 
ですが、実際やってみようとするとなかなか、思ったようにシャンが鳴らなかったり、優しいつもりが強くなりすぎたりと意外と難しくも感じます。
 
ということで、私が今までやってきた中でのコツとして何点か上げてみます。
 
ポイントとしては、擦るためにはできるだけ弦に引っかかりにくいように親指を動かせばいいんです。
 
1.指がひっかかりにくいように縦方向に動かす。
2.手首を低めの位置で構えて、親指を上から円弧を描くように動かす。
3.親指の第一関節の側面付近を使う。
 
 
とにかく指を弦にひっからないようにし、さらっと弦の表面をなでるようにすることが、成功率を上げる鍵です。
 
普段の親指を使った弾きかたで、当て方だけを変えようとする(腹で撫でるようにする)とシャンシャン失敗する確率あがりますので、注意です!!
 
と書いてみたものの、動画にしないと伝わらないかこれ(汗)

ウクレレのオクターブ奏法

先日、ハーモニクスの説明をしたんですが、そういえばオクターブ奏法についてはどこにも書いたこと無かったんで書いてみます。

 

オクターブ奏法

オクターブ奏法っていうのは、その音と1オクターブ上の音を同時に弾く奏法のことです。ギターだと当たり前のように使われる奏法ですよ。
例をあげると、「ミ」の音と「高いミ」の音を同時に出すことですね。
 
ということで、説明に入りますが、1オクターブ上の音がどこにあるかわかりますか?
3弦開放の「ド」に対して「高いド」は1弦だと3フレットですね。
この位置関係がオクターブ奏法で使う1オクターブ上の音になります。
ギターだと6弦と4弦、5弦と3弦、4弦と2弦、3弦と1弦など、複数の弦でオクターブ奏法が可能ですが、ウクレレは4本しか弦がなく、しかもHi-Gウクレレで考えると4弦は異物なので、オクターブ奏法で使う弦は3弦と1弦という1つの組み合わせに限られます。
開放弦だと弾きにくいので、ここで最初の「ミ」の音のオクターブ奏法で考えてみます。
手の形はこうなります。
 

f:id:ukepear:20200218122516j:image
この時、右手はどう弾くの?ってなりますが、3弦、2弦、1弦を一気に弾いてください。
2弦は人差し指の腹側で弦に触れてミュートし、3弦と1弦の音のみを出します。
 
この形を変えずにフレットポジションを移動させると、いろんな音でのオクターブ奏法ができるというわけです。
※とはいってもウクレレだと出せる音数は限られてますけどね。
 
オクターブ奏法ってのはわかったけど、どこで使うの?
確かに楽譜とか見てても、私自身もそんなにお目にかかったことはないです・・・笑笑
 
でも過去に一度だけやったことあるんですよ。。。
 
それはジェイクシマブクロ氏のフラガールアンサンプル。(ジェイクさん、ブルースさんのやってるやつね)
この中のフレーズでジェイク氏が使っています。
私が過去にコピーしたものも載せておきますね。
 
一つ目の動画の最後の部分でオクターブ奏法を使っています。
 
 
こんな感じで使えば、単音でもなくちょっとしたアクセントとして入れられます。
さらっと入れると、「おっ!」ってなりますよね。
 
ということで、今日はあまり使われないだろうけど、オクターブ奏法の解説でした。
 
See You!!